2012年01月07日

1月7日

6日年越・7日正月


七草とおかゆ

008.JPG

lltan2[1].gif


「セリ・ナズナ。ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ。
 スズナ・スズシロ これぞ春の七草」


この和歌をご存知ですか?
この七草を使ったおかゆ「七草がゆ」を1月7日に食べると災いを避け、
長寿や富を得られるという言い伝えがあります。
もともとこの風習は中国伝来のものだそうです。
中国では「6日年越・7日正月」といわれ、7日がひとつの節目とされていて
7種の菜を温かい汁物にして食べ、邪気を避ける習慣があったのだとか。

最近では、スーパーでも七草セットが売られています。
私もそれを毎年買っています。
7日に近づいたころ買ってきて部屋に飾っておいてそれから食べるとしても
いいですね。
季節の趣が感じられる生活はお子様にとってとてもいいものです。
七草がゆには、無病息災だけではなく、お正月のご馳走で疲れた胃を整える
働きもあるようですよ。
何より、お正月に食べすぎた私にとっては
ダイエットにもってこいのおかゆとなるわけです。


春の七草・・・は有名ですが、秋の七草はご存知ですか?
春の七草は食べることを主としますが、
秋の七草は見て楽しむものなんですよ。
秋の七草についてはみなさんも是非お調べくださいね。


今日が過ぎてお正月も終わりだな・・・・・と。
にぎやかなお正月が過ぎ去りちょっぴりさみしいですね。

002.JPG 003.JPG 016.JPG

001.JPG 004.JPG



lltan2[1].gif



日本に住んでいると、四季は当たり前のように過ぎていくのですが、
外国に住む友は、この日本の四季は本当に素敵なものよと言う。
確かに私は、この四季を通して日本人であることの喜びを持つ気持を
支えられているように思います。
私は、この四季折々の行事を節目ごとにきちんと行ってくれた両親に感謝しています。
大人になった今、その節目にいろいろな思い出をよみがえることが出来、
ほっとさせてくれていることに気づきます。
そしてそれをまた娘に伝えようとする自分がいます。
行事によってのそれぞれの思い出は、私にとってもみなさんにとっても
かけがえのないものになることでしょう。
是非四季を通したいろいろな行事を慈しみながら生活をしていってくださいね。




今日は何の日?
この行事はどんなことをするの?
こんな質問はこの本を読めば大丈夫。
無知の私にとって、なくてはならない本です。
みなさんも手に取ってみてください。

015.JPG

技術評論社
おうちで楽しむにほんの行事
広田千悦子著




lltan2[1].gif







posted by le・le・le♪ at 23:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。