2012年01月16日

ピアノ教室

ピアノの練習

den2[1].gifピアノレッスンden2[1].gif

023.JPG


den2[1].gif
            den2[1].gif
il-plants7[1].gifil-plants7[1].gif




浜松市中区・南区にて個人・少人数のグループのピアノ&リトミック教室を
開いております。
今日もレッスンがあったのですが、Sちゃんの家での練習がとても楽しそうなんですよ。
レッスンが楽しく受けられるひとつには、「家での練習」があります。
Sちゃんのママは働いていらっしゃるので、家での練習はほとんど
おばあちゃまが見てくれます。
小さなお子様は、1回弾けばもうその場を離れてしまったりして飽きやすいのですが、
いろんなふうにその曲に興味を持たせてくださって練習に結び付けておられるようです。
その練習には、感心させられます。
毎回なのですが、曲のページの色塗りがとてもきれいにされています。
なかよく一緒に塗るようですが、おばあちゃんが
ここは塗らせてくれなかったんだよ〜なんて言いながらもとてもうれしそうです。
今日のページもとても素敵に色塗りがされていました。
色塗りも本格的です。
ステキでしょ〜♪



den2[1].gif


025.JPG 
          
den2[1].gif

il-plants7[1].gifil-plants7[1].gif


line40[1].gif
<ピアノ教室のお母様方によく聞かれる質問>
line40[1].gif

グループレッスンと個人レッスンのどちらがいいでしょうか?

グループは、全体のバランスを見ながら、個人は個々の進度に合わせて進めていきます。
グループレッスンのいいところは、他のお友達をいっぱい見れるということです。
1つの事柄にしてもいろいろな考え方、表現の仕方が生まれます。
それを見ることで、自分も真似してみよう!とか自分にもできるかも!など、
相手がいるからこそ生まれる感情が育ちます。
また、お友達と協力することで、助け合ったり、励まし合ったり・・・と
協調性も養われます。

個人レッスンのいいところは、個々のペースで進められるので、
苦手な箇所の補充によりより一層の上達が見込めます。
自分にあったレッスンの方法をお選びいただけるといいです。
途中からでもコースの変更は可能です。



家でどのくらい練習したらいいですか?

ピアノを習う目的にもよりますが、どのくらいというよりは、
持続して毎日練習するということが大切です。
小学生は、「学年+1×10分」と聞いたことがあります。
私も一応聞かれた時は目安としてそう答えています。
しかし、今のお子様たちは1週間多数習い事をしていますので、
なかなか時間がない・・・・ようです。
まとまって何十分と時間が取れないようでしたら、
「10分+10分」のように時間を分けて練習してもいいですね。
1日弾かないと7日戻り、1週間弾かないと1ヶ月戻る・・・・とも
言われるように、指の動きの記憶は重ねる練習によって持続します。
上達するためには、やっぱりコツコツ・・・ですね。 
大人の方は、趣味としてですのであまり根を詰めずリラックスして
取り組んでいただきたいと思います。



宿題はありますか?

就園前のお子様は、いっぱい遊んでいっぱい食べていっぱい寝ることが宿題です。
就園以上の生徒皆さんには、それぞれカリキュラムに準じた宿題がでます。
リトミックでは、ワークを授業の中でやりますので、そのページの色塗りです。
ピアノの方は、ピアノの教本の練習です。



毎日練習しなさいと言ったほうがいいですか?

よくあるご質問です。
毎日持続する・させるのは大変なことだと思います。
事実私もそうですから。
でも、練習しなさいと叱られてばかりでは、好きで習い始めたことも
嫌いになってしまいます。
練習しないから叱るというのではなく、まず練習をする環境や時間を与えることが
お子様が長くレッスンを続けていく秘訣かもしれません。  
私がよく提案するのは、1週間のスケジュールを書き出し
無理なくピアノの時間を作ってみましょう!です。
スケジュールを円グラフにしたようなものを作って、
いつでも目に見える範囲に貼っておくといいですね。
以前に習っていた生徒さんは、「曲をいつもお母さんとどっちが早く弾けるか競争するんだょ。」
といって親子でピアノを楽しんでいました。
一度試してみて下さい。



ピアノの練習につまづいています。何て声を掛けてあげたらいいですか?

否定的な言葉はかけないほうがいいですね。
「音楽」は好きだけど、「練習」が苦手なのです。
お子様は、すぐに出来ないと無理だと勘違いしその気持ちにつまづいてしまいます。
きっと出来るようになるよ!がんばろうね。と声掛けをしてあげて下さい。
レッスンノートや楽譜上に注意すべき点などの書き込みがございますので、
それを参考にお母様と一緒に練習してみて下さい。
そっとそばにいてあげるだけでもいいですよ。
がんばったときには、多いに褒めてあげてください。
もし、必要ならば先生にご相談ください。
そうしたら限りなくアドバイスし続けますよ。
先生は、いつでも応援しています。



器用でないと上手くなりませんか?

そんなことはありません。
基礎を充分にやると、回を重ねて行くに従って
いろいろな指の使い方が出来るようになってきます。
上達を焦らずに練習に励んでみてください。
3ヶ月後、きっと違う指先がそこに現れます。



親の音楽的働きがけについて教えて下さい。

生活の中に、是非音楽を取り入れてください。
それは、クラシックに限らず、ジャズやボサノバ、サルサ、ロック・・・・
なんでもいいのです。
音楽は素晴らしい!楽しい!って感じてもらいたいんです。
コンサートは各所でいろいろなものが開催されています。
足を運んでみるのもいいですね。
高額なチケットの催しのコンサートやオペラなども、
学生券というのがありますので、学生の皆さんはこのチケットを有効に使って、
素晴らしい作品を是非目で見て耳で聴いて頂きたいと思います。
あとは、美術館や博物館などに行くこともお勧めします。何事にも出会わせてあげて下さい。
何かを想って表現したいと思ったときに、経験はそれを豊かにしてくれるでしょう。



親は全く音楽の経験がありません。それでも、練習できますか?

大丈夫です。私の母も無経験でした。
今までレッスンにいらしていた生徒さんのお母様達も無経験という方が
たくさんいらっしゃいました。
お子様でもわかるようにゆっくりと進めていきます。
ですから、お母様にはきっと理解して頂けると思いますよ。
お母様も一緒になって練習されると、「私も弾く♪」とやる気が湧いてくると思いますよ。
お父様が熱心に教えているご家庭もございます。
親子で楽しんで練習に向かってみて下さい。
もし、不安な箇所がございましたら、こっそりお教え致しますょ。


den2[1].gifden2[1].gif den2[1].gifden2[1].gifden2[1].gif


せっかく出会えた「音楽」です。
その「音楽」に長くお付き合いできるといいですよね♪


「好きこそものの上手なれ」




den2[1].gif den2[1].gif           den2[1].gif


個人ピアノ&リトミック教室

ピアノ教室へのお問い合わせは、
氏名・年齢・御連絡先の電話番号・質問内容をご記入の上、下記までメールください。
先生から直接ご連絡させていただきます。

ongakuhiroba2003@gmail.com



il-plants7[1].gifil-plants7[1].gif







posted by le・le・le♪ at 23:55| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。