2012年01月29日

ボールB

エクササイズにも使っています!

ボールの色は3原色

子供は色彩認識能力が低いので、「赤・青・黄色」のような原色を好みます。
生まれて2ヶ月くらいで、その原色を持つおもちゃの動きに反応します。
よく「3原色」などど言われるのがその3色です。
でも、「緑」もその仲間に入れていいと思いますよ。
子供のおもちゃには、この4色は必ずと言っていいほど使われていますよね。

line30[1].gifline30[1].gif


OVERBALL

009.JPG

当たっても痛くないボールとして講座で使用しているボールです。
つかっていると、クンクンなんだかいい匂い・・・・・・
あま〜〜〜い香りがボールからしてくるではないですかー♡
そうなんです!!
なんでも、このボールの素材には蜂蜜が練りこんであるとのことですが・・・・。
使っているとついつい鼻に押し当ててしまいますよね。



おおきさ
line30[1].gif

010.JPG

直径約18cm
お子様の胸に抱えられる大きさです。
ボールが大きいと、抱えて持ち運びが出来ます。


空気入れ
line30[1].gif

011.JPG

空気は簡単に空気口から入れられます。
空気口にぴったりのプラスチック製の栓がついています。


つかめます
line30[1].gif

012.JPG

空気を満タンに入れたとしても、ボールの表面はやわらかく
つかむことが出来ます。
小さなお子様は、「握る」という動作をしたがります。
ですから、2つの手を使って持ち運ぶよりも、1つの手でつかんで持ち運ぶほうが
気に入るんです。
これだけ表面がやわらかいとどこでもつかめていいですね。


line30[1].gifline30[1].gif




小さなお子様のリトミック教室では、
転がしたり、投げたり、弾ませたり・・・・などの使い方ですが、
4歳児より年齢の高いお子様のりとみっくでは、
音の高低を目で見て確かめるために高さの移動をしたり、
拍子感覚を養うためにグループで拍子に合わせて順番に交替したり・・・・。

今日のアクターズクラスでは、荷物に例え
お腹・頭・背中にボールを抱え走ったり歩いたりしました。
背中に背負った時には、そのボールに重さをかんじでゆっくり重たいよ〜と
想像して歩いてみました。
そんな見立て遊びにもボールは使えます。

そして、大人の方には、エクササイズ用のボールとして・・・・。

このボールは上に乗ってもはぜたりしないんですがぁー・・・
ボールに座って足を伸ばすと、グラグラしてバランスが崩れがちです。
そこで、腹筋!!を使います。


昼間はお子様のボール
夜はお母様のボールとして活用しましょう!!




line30[1].gifline30[1].gif







posted by le・le・le♪ at 23:09| おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。