2012年01月30日

ボールC

身体を使って

ギムニク バランスボール
さいころボール


014.JPGtento-8[1].gif

line30[1].gifline30[1].gif




大きさ

赤・黄・青・緑の4色です。
30×30cm
重量がありますので、抱かえるというよりは、転がして遊ぶといいです。
スイスやヨーロッパの学校では今、イス代わりにボールを導入しているようです。
姿勢が正しくなり腰痛予防としてもいいですし、
また血流がよくなって勉強にもプラス効果があるというデータも
あるからなんだそうですよ。
四角いので、まんまるのボールよりは安定して座れます。

017.JPG


サイコロの目

tento-ani4[1].gif

ボールには、各面にサイコロの目があります。
アイディアとしては、サイコロの目をマジックで黒く塗ってもいいとされています。
転がしてサイコロの目が多いほうが勝ち!のようにゲーム感覚でも
サイコロの目は役立ちます。
サイコロの目の法則などが自然に理解できるようになるでしょう。

015.JPG


line30[1].gifline30[1].gif


生活が便利になるほど、子供の運動能力は低下しています。
屋外で安心して遊ばせられないという社会環境や、
車、ゲームの普及で身体を使うことが減ってきているのも一因です。
子供だけではなく大人の私もついつい便利なほうへと行ってしまいます・・・・。


お子様たちは、外で遊んでいますか?


筋肉や骨格が形成される時期の運動不足は、長寿社会になればなるほど、
高齢になった時の体の不具合につながる場合があるそうです。
最近のお子様は、走ったり動いたりしない分、転ぶことも少ないんです。
ですから、転んでしまった時、手がつけなくて顔面を擦ったりぶつけたり。
転び方すらわからない・・・そんな時代にお子様たちは生きているんです。
だからこそ、日ごろから、身体を動かすことの楽しさと、遊びながら筋力、
バランス感覚を身につけるのは子供時代に欠かせない大切なことです。
道具を使うことで、遊びの楽しさも広がってきます。
是非、外遊びなどにもお使いくださいね。


tento-ani3[1].gif

line30[1].gifline30[1].gif


posted by le・le・le♪ at 23:29| おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。